転職のベストなタイミング

辞めたくなったら一度立ち止まろう

転職前に原因を整理しよう

看護師業界というのはどうしても激務になりがちです。高齢社会を迎えている一方で若い世代の働き手が減少しており、その結果として医療に携わる人材も枯渇しています。ナース一人にかかる負担は計り知れないものになっており、そのためうまい具合に休みが取れなかったりなど、生活における仕事の比重が増大してしまっているのです。

私生活が仕事ばかりになれば、誰でもそんな生活から逃れたいと思うでしょう。まして人の命に関わる仕事である看護師は、精神的なプレッシャーも生半可ではなく、しかも看護師業界という女性の多い職場だからこそ、人間関係の軋轢に耐えがたくなって、辞めたいと考えてしまうことも十分に頷けます。ただ、早計の判断はどんなケースであっても禁物です。ただ現状からの逃避のためだけに辞めてしまうというのは、自分自身の行く末を見失うことにもなりかねません。何よりもまずどうして辞めたいと思っているのか、その原因を究明し、解決をしてみようと頑張ってみるのが先決なのです。

辞めたい理由が人間関係が原因であれば、職場の人間と打ち解けようという行動を少しでもとってみることが大事です。休みが取れず肉体的に限界が来ているのであれば、上司などにまずは相談をしてみましょう。むしろ人間関係が複雑だからこそ、その人間関係を自分の手中に収めることができさえすれば、大きな助けになってくれることもあるのです。こうした努力をしてみて、どうしても改善の余地がないと判断されるようであったとき、辞めることを決断するようにしましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です