転職のベストなタイミング

辞めたくなったら一度立ち止まろう

看護師と育児の両立

業務中は常に責任感が伴う看護師の仕事。仕事のプレッシャーに思わず音を上げるてしまう人も少なくないでしょう。しかも女性の場合、そんな大変な仕事と家庭生活との両立をするケースもあります。子育てをしながら夜勤をしなければならないという状況に苦しんだ結果、辞めたいという思いを抱いてしまう看護師も珍しくありません。しかし辞めたいからといって、考えなしに辞めてしまうというのは危険です。辞めてしまえば収入がなくなってしまうわけですから、辞めるにしても将来の当てを考えてからでなければなりません。

そこで、まずは何が嫌なのかということについて考えてみましょう。看護師の場合、その職業自体が嫌になってしまったという場合もあれば、働いている職場の環境に合わないというケースもあります。前者の場合は、もはや別の職種に転職するしかないかもしれませんが、後者の場合はまだ見込みがあるかもしれません。というのも、職場を変えれば現状を改善することができる可能性があるからです。

病院の中にも、非常に忙しい病院とそれほどでもない病院とがあります。たとえば大きな病院であれば、待遇は良いかもしれませんが、夜勤が義務付けられていたり、多くの入院患者のお世話をしなければいけなかったりなど、比較的忙しい場所が多いです。スタッフが多い分人間関係に悩むこともあるでしょう。その一方、小さな病院や診療所などであれば、無床の職場なら夜勤はないので、育児と両立させながら無理なく働くことができるかもしれません。

看護師は女性がメインの職場なので、育児に理解がある病院は多数存在します。そのため、転職を考える際は将来的なライフスタイルも考慮した上で、女性にやさしい職場を選ぶといいでしょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です